野菜ソムリエについて

野菜ソムリエとは

ソムリエといえば、どういう人物のことを言うのでしょうか。
まず頭に浮かぶのは、ワインのソムリエだと思いますが、一言でソムリエと言っても現在は数多くの種類の「ソムリエ」が存在するらしく、その中には温泉「ソムリエ」やタオル「ソムリエ」などというものまであるそうです。

 

そのソムリエの中でも「野菜ソムリエ」というものをあなたはご存知でしょうか。

 

一般的にソムリエとは、レストランでワインを専門に給仕する人の事で、語源はフランス語のソムリエールからきていますが、そのソムリエの中でも野菜ソムリエとはどの様なものなのでしょうか。

 

正確にいうと、ソムリエというのはワインに関する資格の事で、野菜は基本的に無関係なのですが、ベジタブル&フルーツマイスターの資格の通称が「野菜ソムリエ」と呼ばれるようになっているそうです。

 

ベジタブル&フルーツマイスターとは、野菜や果物の種類や特性、栄養や素材に合った食べ方、盛り付けなどを専門的に行う事ができる人物の資格のことをいい、2001年に新しく出来た資格です。

 

資格取得には、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が主催する講座を受けて、さらに試験合格が必要とされています。

 

政府や公的機関による認証などというものはありませんが、食育などへの関心の高まりと同時に、野菜に関する資格への関心も高まりつつあり、社会的認知をだんだんと得てきています。

 

野菜ソムリエの資格を持つ人が、実際にどんな仕事に就いているかというと、主に青果卸売業、食品メーカの食品企画、機関へのレシピ提案、カフェやレストランなどでの「野菜イベント」の企画など、フードスペシャリスト、フードコーディネーター、栄養士、管理栄養士、料理研究家、農家、ライター、雑誌の編集・監修などがあるそうです。

 

この資格は、やはりまだまだ一般的には完全に認知されていない資格ですので、他の資格などと組み合わせて利用している人が多いのが現状のようです。

 

資格取得の講座の中には、ジュニアマイスター、マイスターコース、シニアマイスターと三段階あります。

 

その中でもマイスターコースを修了する事によって「野菜ソムリエ」になることができ、シニアマイスターを修了すると、さらに上級の「野菜ソムリエ」になることができます。

 

野菜に限らず色々な食品の安全、栄養、食育などにどんどん関心が高まっている現代なので、これから活躍が期待される資格のひとつが「野菜ソムリエ」なのではと思います。

 

クレア 口コミ シーフコイダン 皇潤 副作用