野菜の効用で老化について

野菜の効用(老化)

野菜を摂取することは、健康な体作りの第一歩であるといえますが、その野菜の栄養にはどのような効用があるのかみていきましょう。

 

世界でもまれに見る高齢化社会が進む日本ですが、老化防止に効果的な野菜といえば、かぼちゃ、玉ねぎ、なすがあります。

 

かぼちゃは若返り、老化防止に役立つビタミンEが、野菜の中でも特に多く含まれています。

 

体内の血流を良くしてくれ、血管を若々しく保つビタミンEは、肌のくすみなどにも効果があるとされます。

 

他にかぼちゃには、豊富なカロチンが含まれていて、老化の元になる活性酸素をビタミンEと共に摂取する事で無毒化できます。

 

玉ねぎは、ポリフェノールが豊富に含まれ、活性酸素から体を守る働きをし、血液もサラサラにしてくれます。

 

なすは、皮の部分にポリフェノールが多く含まれるため、皮も一緒に食べる事により、玉ねぎと同じような効用を得られるとされています。

 

そして、老化のひとつの症状でもある物忘れについては、枝豆や竹の子が有効な働きをする事が分かってきています。

 

枝豆の成分にはレシチンが含まれ、脳神経や神経組織を構成する成分の一部になります。そのため脳の活性化を促し、記憶力減退や痴呆の予防になります。

 

竹の子には、必須アミノ酸のひとつであるチロシンが含まれていて、脳にやる気を起こさせる神経伝達物質の働きをします。

 

チロシンは、茹で竹の子の表面に付くかたまりの事なので、取り除かない方が栄養を効率よく摂る事ができます。
竹の子のうまみ成分には、脳神経細胞の一つであるような働きがあり、脳機能を活性化させてくれます。

 

また、食欲不振などには、香辛料、生姜、生わさび、唐辛子、カレー粉などが有効であるとされてますが、他に山芋、大根、かぶなどの野菜も有効であるとされています。

 

山芋には、ジアスターゼ、アミラーゼなどの消化酵素が豊富に含まれていて、それ自体の消化もよいです。

 

また、山芋と一緒に食べた物の栄養を、胃に負担をかけずに無駄なく吸収する働きがあります。

 

そして、大根にもジアスターゼが豊富に含まれています。
ジアスターゼは消化促進の効能の他に、胃酸を調整する働きもあります。

 

大根の消化酵素は熱に弱く酸化も早い為、生でより新鮮なうちに摂取する必要があります。かぶもジアスターゼが豊富な食品で消化を促進します。

 

動脈硬化の予防には玉ねぎ、しいたけ、里芋などが、糖尿病予防には、ごぼう、ゴーヤ、舞茸などが有効であるとされています。

 

野菜には、老化やさまざまな病気予防などに良い効用が多くありますが、野菜といえども偏食せずに、色々な種類をバランスよく摂取することが大切であるといえるのはないでしょうか。

 

[PR]
クレア ダイエット効果 ヘアーアイロン 即納 二重