野菜とハーブについて

野菜とハーブ

野菜を食卓に取り入れる方法のひとつとして、ハーブはいかがでしょう。
料理の風味付けや香り付けなど、日本では料理の脇役的な存在やお茶にして飲むくらいが主流なのですが、、ヨーロッパなどでは、中国などでの漢方と同じ様な役割を持つということで、人々の生活に取り入れられています。

 

ハーブの香りには興奮作用があるものは、ジャスミン、バジル、ペパーミント、ローズなど、鎮静作用のあるものは、ラベンダー、レモン、カモミールなどがあります。

 

また、野菜は食べる楽しみのあるものですが、ハーブも同じく食べる事ができます。
ハーブの花は、ほとんどの場合食べる事ができ、サラダ、スープの浮き実、料理の飾りにも使えます。

 

バジルには葉全体を使う事ができ、鎮咳や強壮の効果があります。
ローレルは、果実を使用でき利尿作用を促し、セロリは種子に利尿作用などがあり、フェンネルの種子には痙攣防止の効果があるようです。

 

また、カモミールの花には鎮静作用、消炎作用、しょうがには鎮痛、鎮咳、健胃の効果があるようです。

 

バラにおいては、葉、花、実、花弁を使用でき、美容効果、利尿作用、滋養強壮などの効果があるとされています。

 

その他、簡単にあげていきますと、
ラベンダーの花には駆風、オレガノの葉は、強壮、駆風、ペパーミントの葉は、駆風、痙攣防止、ローズマリーの葉は強壮、駆風、防腐作用、セージの葉には、防腐、抗炎症、発酵防止、タイムの葉には、痙攣防止、殺菌、消化促進、サフランには、利尿、便通、婦人病、めまいなど、ジャスミンには、ストレス解消、生理不順、菊花は頭痛、血圧降下、咳止めに効果があるとされています。

 

セージには賢者という言葉の意味もあり、ハーブの古い歴史がヨーロッパのキリスト教以前の宗教とのつながりが深いという点もうかがうことが出来ます。

 

ヨーロッパの中世ではペストが流行しましたが、このころセージやマジョラム、ローズマリーなどの酢漬けなどが、ペストの感染を防ぐとされていました。

 

現代では、ハーブが庭に多く栽培されている家の住人や、ハーブへの造詣が深い人を尊敬の意味を込めて「ハーブ魔女」と呼ぶ習慣があります。

 

ハーブというと、薬草的なイメージや、香りを楽しむだけというイメージが強いと思いますが、野菜の一種として食卓などに取り入れるのも健康の促進には良い方法なのではと思われます。

 

[PR]
レディーズプエラリア99%の効果 クレア 口コミ シトリス 効果