春野菜・夏野菜について

春野菜

野菜は種類も豊富ですが、旬ごとに見ていくとどのような野菜があるでしょうか。
まず春の旬野菜にはどんなものがあるのでしょうか。

 

春野菜のひとつであるアスパラガス、これは穂先が堅くて茎がまっすぐなもの、濃い緑でツヤがあり太いものを選ぶと良いそうです。

 

穂先には、栄養成分ルチンが含まれていて、血管を丈夫にしてくれ、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

 

アスパラガスの良いところは、カロチン、ビタミンC、ビタミンEを合わせて摂取することができる点です。

 

また、赤血球を作るために必要な葉酸を含んでいるため、貧血などにも有効とされています。

 

アスパラガスは乾燥しやすいですので、湿らした新聞紙で包んで、さらにラップをして冷蔵保存するのが良いでしょう。

 

次に菜の花、これはかなり古い時代から日本にある野菜ですが、最初は地中海で発生した野菜だそうです。

 

お浸しや辛し和えなどの調理が代表的ですが、他に菜の花油も有名です。ビタミンC、カルシウムが豊富な野菜です。

 

切り口がみずみずしく、色鮮やかな物を選ぶと良く、しばらく使わない場合は固めに茹でて、冷凍保存しておくと良いでしょう。

 

[PR]
リアルラゾン 皇潤(こうじゅん)激安 ヘアーアイロン

夏野菜

夏野菜といえばかぼちゃ、茄子、ゴーヤ、トマト、きゅうりなどがあります。

 

かぼちゃには、ビタミンA、B1、B2、C、カロチン、食物繊維を多く含んでいて、中身が濃い黄色のものが良いとされています。表面にツヤがありすぎるものは避けた方が無難かもしれません。
切り分けた場合は冷蔵庫で保存、丸ごとなら常温保存も可能な野菜です。

 

茄子の成分はほとんどが水分ですが、油と相性が良いため、夏バテ予防によい効果がある野菜といえます。

 

濃い紫色していて、ハリとツヤがあるものを選び、ラップに包んで冷蔵庫で保存しておけば良いでしょう。

 

ゴーヤは、加熱しても壊れにくいビタミンCがとても豊富に含まれていて、カロテンやカリウムも多く含んでいます。

 

ゴーヤの選び方は、やはり鮮やかで濃い色のもの、また重みがあり均一な太さのものが良いとされています。

 

乾燥に弱い野菜ですので、ビニール袋に入れるかラップでくるんで冷蔵庫で保存します。

 

全体的に夏の旬野菜は、体を冷やしたり、スタミナをつけたりする栄養を多く含んでいるといえます。

 

春野菜も夏野菜も季節感を出す為にも上手に利用したい食材であるといえます。

 

[PR]
皇潤 激安 エヌナノアフターシェイブジェル