野菜不足と日本人について

野菜不足の日本人

野菜は、人間の健康や体を作るうえでとても大切な役割がありますが、その野菜が不足するとどのような事がおこるのでしょうか。

 

人間の一日に必要な野菜の量は、一般的に350gと言われています。
そのうち緑黄色野菜を120g摂ることが良いとされています。

 

しかし、国民栄養調査結果によると、日本人のほとんどが必要量の約8割しか野菜を摂れていない事が分かっています。

 

そのうち緑黄色野菜は8割以下の量しか摂れていないとされています。
また、果物についても必要量以下しか摂取されていないというのが現状なようです。

 

野菜不足によって起こる代表的な症状は、便秘、肌荒れ、病気の予防が難しくなることです。
積極的に野菜を摂取する事によって、ガン予防なども期待できます。

 

こういう野菜不足を解消する方法の一つとしてはサプリメントがあります。
例えば、ビタミン類のサプリメントやミネラル類の錠剤のサプリメントなどがあります。
他にも青汁など粉末状のサプリメントやさまざまな種類のサプリメントが色々なメーカーから販売されています。

 

そして、最近では野菜不足を補うための加工食品も多く販売されています。
乾燥野菜の入ったカップ麺や味噌汁、スープやレトルトの食品にも「豊富な野菜」を謳い文句にしたものが多く出てきています。

 

しかし、手間がかかる野菜の調理と摂取には、手間をかけたその分だけ色々な利点を期待出来る、という事は誰もが分かっているはずなんですよね。

 

それでも野菜というのは、なかなか摂取できない食材の代表なんですよね。

 

[PR]
クレア 効果 ヘアーアイロン 二重効果

野菜ジュース

野菜を摂取するのにお手軽といえば、野菜ジュースですよね。
人口のサプリメントやレトルト食材がいやな方には、こちらがオススメです。
一日に必要な野菜の量350gを摂取するには、一番お手軽かもしれません。

 

実は野菜ジュースといってもさまざまで、多種類がミックスされたものや果物とミックスされたものなどがあります。

 

その中でも効果的な野菜ジュースはやっぱりトマトジュース。
もちろん直接飲む事ができますし、スープや煮込み料理など色々な料理にもアレンジすることができます。

 

トマトの赤い色は、カロテノイドという色素の一種であるリコピンによるものというのは有名になってきましたが、このリコピンにはガンなどの発生を抑える抗酸化作用が期待出来るということです。

 

そして悪玉コレステロールの抑制、抗アレルギー効果などの機能も期待でき、加工用トマトには、そのリコピンの量が生食用に比べて豊富だといわれていますので、トマトジュースにもリコピンが濃縮されていることになります。

 

そして、野菜ジュースといえばミキサーなどでの手作りの物が思い浮かぶと思いますが、組み合わせる野菜や果物などはどの様なものでも良いとされます。

 

果物と野菜をミックスする際は、果糖の摂り過ぎも考えられますので、果物と果物のような組み合わせにならないよう、ヘルシーとは言えないものになってしまう点は気をつけましょう。

 

その他、アクの強い野菜や生食できない野菜については、ゆでてから使用します。
そして切った野菜はその手ですぐにミキサーにかけ、出来上がりをすぐに飲むことが栄養面も風味でも一番です。

 

これら野菜ジュースの摂取は、忙しい現代人の生活スタイルにはぴったりな野菜の摂取方法ではないでしょうか。