野菜と果物の違いについて

野菜と果物

野菜といえば栄養がとても豊富というイメージがありますが、果物類は、栄養豊富という面などからしばしば野菜とひとまとめにされたりすることがあります。

 

野菜と果物の定義の違いにはどんなことがあるのでしょうか。

 

これには確固たる違いというものは無いようなのですが、人それぞれ色々な見方があるようです。

 

たとえば、「木になるのは果物、そうでないものは野菜」「多年生と一年生」「生食が果物、火にかけたり調味料をかけるのが野菜」などがあるようです。

 

しかし、イチゴやスイカ、メロン、トマトなどの食べ方を見てみると矛盾もあり、必ずしもあてはまる野菜と果物を区別する定義は無いという事が分かります。

 

イチゴは、ご存知のとおりビタミンCが豊富で、その他にペクチン、アントシアニン、ポリフェノール、カリウム、カルシウムなども含む栄養価の高い食品です。

 

種類は、あまおう、とちおとめ、とよのか、女峰、アイベリー、とちひめ、あめりかいちご、レッドパール、章姫、さちのか、アロマ、弥生姫、紅ほっぺ、さがほのか、宝交早生など豊富に出回っています。

 

昭和50年代から、西は「とよのか」、東は「女峰」という時代が続いたことがありましたが、最近では品薄になる時期には、あめりかいちごが輸入されたり、品種改良も目覚ましい状態です。

 

スイカは、よく果物とも野菜とも言われる食べ物ですが、スイカには、シトリン(アミノ酸)、リコピン、リン酸、カリウムなどが含まれ、利尿作用や解熱作用があり、心臓病、高血圧、尿路結石、二日酔いなどに役立つ効果があるとされています。

 

スイカの原産地は南アフリカでそうです。中国を11〜12世紀に、16世紀初頭にヨーロッパ、17世紀にアメリカへと伝わってきました。

 

エジプトでは、なんと紀元前6000年頃から農耕が始まり、壁画や絵画にスイカが描かれているそうです。
日本へは17世紀中頃に、中国から伝わってきたと言われています。

 

江戸時代の頃には、果実の赤さが気味悪がられてあまり食べられなかったそうなのですが、明治末期に改良が進んだようで、昭和初期になると西の大和スイカと東の都スイカの二大品種が形成され、現在の品種もほとんどがこの二つの品種の血を継いでいるそうです。
スイカの選び方は、たたいて澄んだ音のするものが良いスイカだそうですよ。

 

また、トマトですが、これにはフルーツトマトという品種もあります。
その様子がりんごと似通っているためか、スペインでは「愛のりんご」、ドイツでは「天国のりんご」、イタリアでは「黄金のりんご」という愛称もつけられているそうです。

 

トマトは、ペルーやメキシコで発生した食べ物、という説が有力らしいですが、日本には17世紀頃から「赤茄子」「唐がき」などと呼ばれて存在はしたようです。

 

しかし、これもスイカと同じく赤い色が不気味がられ、主に観賞用とされていたそうです。
食用として売れ始めたのは戦後になってからだそうです。

 

トマトにはビタミンA、C、B群、P、Hなどが豊富で、赤い色は有名なリコピンです。
美肌や成人病予防に役立ち、食欲増進、疲労回復、夏バテ防止、食欲促進などの効果もあるといわれています。

 

野菜と同じく栄養のとても豊富な果物ですが、これも適量をバランスよく食事に組み合わせることにより、健康な食事が摂れるようになるのではと思います。

 

[PR]
ヘアーアイロン ヴァリオス 効果 スレンダーシェイパーフィット