冷凍野菜について

冷凍野菜

野菜といえば思い浮かぶのは、スーパーや八百屋などで見かける生鮮野菜が多いでしょうか。

 

一般的に野菜は、一日に350g摂取する事が必要とされているそうですが、自分も含めほとんどの方が不足しがちなのではないでしょうか。
これが日本の現状でと思います。

 

現代においては、そういう背景からも便利に野菜を摂る方法が増えてきていることが分かります。

 

サプリメント、野菜ジュース、フリーズドライ野菜、レトルト野菜、水煮野菜、カット野菜など手軽に利用できる商品は様々なものになってきました。

 

ここでは生鮮野菜よりも手軽に野菜を利用できる物のひとつとして、冷凍野菜を挙げてみたいと思います。

 

冷凍野菜といえば、かぼちゃ、里芋、いんげん、アスパラ、コーン(とうもろこし)、枝豆、ほうれん草などの葉物野菜があります。

 

最近では、大根おろしが冷凍された商品も見かけることができます。
また、細かくカットされたミックスベジタブルや、おおぶりの茹で野菜のミックスなど、種類も豊富になってきました。

 

一般的に市販されている冷凍野菜は、マイナス30度以下の低温で急速冷凍したものが多く、一般家庭で冷凍する場合と比べると、家庭では凍結までに細胞が壊れたりしてしまいますが、その点で市販のものは優れているといえます。

 

ここで問題点になってくるひとつは、市販される冷凍野菜のほとんどが外国産ということがあげられます。

 

国内産の野菜であれば残留農薬の点検も可能なのですが、外国産の物になると、野菜を仕入れる商社や買い入れる食品メーカーの任意点検ということだそうで、この辺りに問題が見え隠れします。

 

残留農薬以外では安全面での添加物も思い浮かびますが、冷凍前に天然添加物(クエン酸など)で色を保持するくらいならば安全性には特に問題はないようです。

 

栄養面を見ますと、冷凍前に加熱処理されている野菜は、水溶性のビタミンが損失している場合があるようです。

 

そのため、家庭で調理する際などには、改めて加熱をし過ぎない事が大切といえそうです。
また、栄養面だけでなく、食感を良くするためにも加熱し過ぎない事が大切だといえます。

 

現在では、市販の冷凍食品も豊富に出回っていますし、家庭で野菜を冷凍する為の情報も色々なところで手に入るので、忙しい生活スタイルの人などに限らず、上手に利用したいもののひとつが冷凍野菜といえるのではないでしょうか。

 

[PR]
リアルラゾン 皇潤 レディーズプエラリア99%シスター