野菜の栄養素について

野菜の栄養素

野菜は健康な食生活には欠かせない食材ですが、その野菜にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

 

・ビタミンC

 

体の免疫力を高め、風の予防、ウィルス撃退などの作用があるビタミンCが色々な野菜に含まれている事が分かっています。

 

ビタミンCの含有量が多い順に挙げますと、赤ピーマン、めきゃべつ、黄ピーマン、菜の花、パセリ、ブロッコリー、かぶの葉、カリフラワー、ピーマン、ゴーヤとなっています。

 

免疫力向上などの他には、がん予防の効果に役立つといわれ、その作用はビタミンEと共に摂る事で更に向上するようです。

 

また、コラーゲンの生成にも関係していて、しみやそばかすの予防、美白などの美容にも効果があるとされています。

 

・βカロチン

 

緑黄色野菜に含まれる栄養素です。このβカロチンは体内でビタミンAに変換されます。

 

体内のビタミンAが不足すると、視力障害などが起こりやすくなります。
また、ビタミンAには胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、皮膚を作る役割があります。
そしてがんや老化防止にも役立つとされています。

 

βカロチンの含有量が多い順に野菜を挙げますと、しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、あしたば、春菊、ほうれん草、西洋かぼちゃ、大根の葉、となります。

 

これらの野菜は、油で調理する事によりβカロチンの吸収をより高める事ができます。

 

・カリウム

 

カリウムも多くの野菜に含まれている栄養素のうちのひとつです。

 

カリウムの働きは、体内の塩分量を調整し利尿作用を促します。そして、エネルギー代謝の活性化、たんぱく質を作る作用、神経、筋肉の機能を正常に保つ働きがあります。

 

体内でカリウムの量が増えると血圧が下がりますが、カリウムが不足するとインスリンの分泌を抑制します。

 

こうなると、脳は満腹感を感じることができなくなり、肥満の原因になったり、むくみや血圧の上昇を招くことになります。

 

カリウムは加熱に弱く、生で食べることが一番ですが、煮て食べる場合などは、煮汁も一緒に食べる事で、栄養を効率よく摂取できますので、いろいろな調理で摂取しましょう。

 

含有率の多い順に、パセリ、ゆり根、ほうれん草、おかひじき、里芋、めきゃべつ、枝豆、山芋、あしたば、モロヘイヤとなっています。

 

ここで挙げたビタミンC、βカロチン、カリウム以外にも野菜の代表的な栄養素といえば、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウム、鉄、食物繊維などがあります。

 

これらの栄養素をバランスよく効率的に摂取するためには、やはりまんべんなく色々な野菜を摂取する事が必要といえるのではと思います。

 

[PR]
ヘアーアイロン ヴァリオス 効果 スレンダーシェイパーフィット