秋野菜・冬野菜について

秋野菜

寒い冬を迎えるにあたって、その前の少し肌寒い季節の旬野菜といえば何があるでしょうか?
食欲の秋とも言われる季節に楽しめる野菜について、みていきたいと思います。

 

秋野菜といえば、真っ先にきのこ類などが思い浮かぶと思います。
その中でもよく食べる舞茸、これは煮物、汁物、天ぷら、様々な洋食など、ほんとうにいろいろな食べ方があると思います。

 

その栄養分は、主にビタミンB1、B2、ミネラル、食物繊維などです。
小房に分けて冷凍保存することもでき、使用する時は自然解凍という感じで、約1ヶ月くらいは持ちます。
しかし、生のまま3日以内くらいで使い切るのが一番良いとはいえます。

 

秋野菜ではじゃがいもも代表的な食品です。
主成分はでんぷんですが、その他の栄養も豊富に含まれていて、特にビタミンCが豊富に含まれています。

 

選ぶときは、重量感があり形の綺麗なものが良いじゃがいもとされています。
8度以下の風通しの良い場所で保存しましょう。

 

また、にんじんはその色からも分かるようにカロチンを多く含んでいます。
にんじんの選び方は、何といっても見た目が良いものに限ります。
新聞紙などで包んで、冷蔵庫や涼しい場所に保管しましょう。

 

そしてカリフラワーですが、これはブロッコリーが突然変異で白くなった事から出来たキャベツの仲間の野菜だそうです。

 

選び方は、隙間が無くて実が詰まった綺麗な色の物を選ぶと良いそうです。
ラップに包み冷蔵庫に入れて保存します。冷凍の場合は、小さめに切って固めに茹でてから保存すると良いです。

 

秋の野菜には、総じて胃や腸の調子を整える働きがあるそうです。そういう面では食卓に積極的に取り入れたい食材だといえると思います。

 

[PR]
リアルラゾン 皇潤 レディーズプエラリア99%シスター

冬野菜

寒い季節の代表的な料理といえば鍋ですよね。鍋には沢山の野菜を入れられるのではと思います。
では、寒い冬の季節の旬の野菜はどのようなものがあるのでしょうか。

 

冬野菜の代表は白菜、ほうれん草、小松菜、ゆり根、かぶ、大根、にら、ねぎ、みず菜などがあげられますが、その中でも白菜、ほうれん草、かぶ、ゆり根について書いてみたいと思います。

 

まず白菜ですが、旬の11月〜2月が美味しい時期とされています。
選び方は、外葉が大きくしっかり巻かれているもの、株の切り口がみずみずしいもの、などがあります。

 

保存がきく野菜ですので、冬など寒いときは、丸ごとであれば新聞紙に包んで寒い場所に立てて置くとよいそうです。
カットしてしまった場合は、ラップをかけて冷蔵庫に保存します。

 

ほうれん草は、葉が下の方から密集しているもの、鮮やかな緑色で茎が太すぎないもの、を選ぶと良いです。

 

ほうれん草は固めに茹でて、カットしてから冷凍保存する事も可能で、結構便利な野菜ともいえると思います。

 

かぶは、聖護院かぶ、赤かぶなどがありますが、それぞれ10月〜12月と11月〜12月が旬の時期とされています。

 

選び方は、ツヤがあり、茎にきちんとした堅さがあるものを選びます。保存するときは、葉をすぐに切り落として茎と別々にしておく事が正しい方法のようです。

 

ゆり根の選び方は、丸く堅くしまっているもの、変色していないものを選びましょう。
保存方法は、ラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。

 

ゆり根の調理方法は、卵とじ、混ぜご飯物、炒め物、茶碗蒸し、汁物など考えれば結構豊富にあるようです。

 

冬の旬野菜には、主に体を温める効果がある野菜が多いですから、寒い季節に上手に利用したい食材なのではないでしょうか。

 

[PR]
皇潤 激安 エヌナノアフターシェイブジェル